スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by はりこ
category:スポンサー広告
  

今朝の新聞に・・・
先日、介護の現場から離れたことを書きましたが、やはり気になることもあるんです。
(結構堅いので、興味のない方はスルーしてください)


今朝の新聞に、先日書いたことの続きが載っていました。

こちら → 朝日新聞

胃ろう についてです。


施設勤務中、胃ろう処置をしたたくさんの方を見てきました。
(お若い方のケースではありません)
そこでの胃ろうになる経緯はみなそれぞれですが、そのほとんどが経口摂取をすると誤嚥し、それが原因で肺炎を起こすリスクが高くなるため、栄養摂取のために施されます。

口から入った食べ物は、うまい具合に気管に入らずに食道へ流れます。
しかし年をとってくると、そのほかの身体の筋肉が衰えていくと同じに、のどの奥の筋肉や反応が鈍くなってきます。
(胃カメラ経験者の方はお分かりになりますね、コードが入る時におえっとなる反応です)
でも身体の中の老化は目に見えませんね。
確実に老化していきますから、ゴックンしたときにきちんと気管を抑える弁が閉じないんです。

若い時は、間違って気管にはいるとすぐに咳こみますね。
しかし、その反応も鈍くなっているので、誤嚥したのもわからないうちに肺の中へ食べ物がはいっていく。

異物ですから、身体がそれをどうにかしようとしていくのです。
有機物なので、若ければ少々のものは自然に吸収されるのですが、肺も年をとっている・・・。
挙句の果てが肺炎です。
(わかりやすくちょっと極論です)

そうなっていくリスクを避けるためにも、胃ろうは施されます。

いろんな経緯でされるのですが、すべてではないにしろ胃ろうされている方のQOL(生活の質)を考えると、すこし悲しくなってしまいます。

ご家族からすると
「大切な家族。すこしでも延命してほしい」
という思いがあったり、
管につながられているのを見て、しかも声かけにも全く反応がない姿(身体はカチカチで寝がえりさえできない)を見て
「胃ろうにしたのは間違いだったのか?」
などと、ご自分を責めたり。

いろんな思いが交錯していらっしゃるようでした。

それぞれのご家庭のいろいろな事情があります。
もし、これを見て、ちょっとでも気になることがあったら、ぜひ調べてみてください。

ご家族が、自分がいずれは直面する問題です。
今、知っておくことで将来、どんな判断をするのかの目安になるかもしれません。

以前書いたこととダブりますが、本当に切実な命の問題です。
どう判断するのかは、家族です。
自分がそうなったらどうだろう・?って考えてみていただきたい事柄です。

あぁ、書いていて疲れた。
お仕事します。


スポンサーサイト
Posted by はりこ
category:介護福祉士
comment(4)    trackback(0)

comment
切実ですね
祖母が胃ろうにしてました。
してもらってから、約5年でなくなりましたが、見ていてとても辛かったです。
医師から言われた時、なんだか脅迫ぽく聞こえたのですが、祖母はたぶんそこまでして生きていたいとは思わなかったんじゃないかと思うと、自分がそうなったらしたくないです。
2012/01/29 11:33 | URL | edit posted by かすみ
かすみさんへ
かすみさんのように感じておられる方も多いようです。
いろんな立場で考えていかないといけませんね。
複雑な問題です。
2012/01/29 19:01 | URL | edit posted by はりこ
こんばんわ
出産前まで医療機関で事務をしていました。
入院患者さん達と直接関わることはあまりなかったのですが、何度か切ない気持ちでご家族の方たちとお話をしたことを思い出しました。
私の両親も義理の父母もまだ先の話ですが、私たちが考え、導かなければならないと思うと胸がつまりますね。
自分たちを導いてくれた人たちなのに。

すっかり考えていなかったけど、時々片隅に置いておかなければなりませんね。
ありがとうございます。
2012/01/29 20:05 | URL | edit posted by かえでカラー
かえでカラーさんへ
コメント、ありがとうございます。
とってもナイーブな問題ですが、金銭面も含めていろいろ考える問題の一つですよね。
親がそうなったら・・。自分がそうなったら・・。って考えるととっても複雑です。
胃ろうっていう処置があるってことだけでも、知っておいてもらいたいです。
いざ、判断って難しいですものね。
2012/01/29 21:13 | URL | edit posted by はりこ
comment posting














 

trackback URL
http://ropero7.blog72.fc2.com/tb.php/306-7f1e7199
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。