スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by はりこ
category:スポンサー広告
  

8月6日
今日は、鎮魂の日。


いろんな思いが交錯します。


決して忘れてはいけない。



あの時間に、祖父の万年筆がはいった場所へお参りに行きます。


原爆の日



国立広島原爆死没者追悼平和祈念館を出ると、コンクリートで囲まれた空間。
空から白いものが降っていました。
白い百日紅の花が舞い降りているのです。
それはそれは悲しい風景でした。
祖父が、「よく来てくれたね」と言っているかのよう。
涙がとめどなくあふれ、周囲の人はどう思ったでしょうか。
31歳の若さで、3歳と1歳の幼子をのこして逝ってしまった祖父。無念さは想像を絶するものがあります。

さるすべり


やり場のない悲しい思いを抱きつつ帰路につきました。
スポンサーサイト
Posted by はりこ
category:つぶやき
comment(2)    trackback(0)

comment
広島のこと忘れません。
コメントありがとうございました。
先日、初めて子連れで広島に行き、原爆を感じてきました。
真実を子ども達に伝えて、自分で考えられる大人になってほしいと思ってます。私も、死者や負傷者、遺族の無念を忘れないで、平和を守りたい。
ブログ、穏やかな生活が覗けて、素敵ですね。木や土のある生活、あこがれます。
同じ布好きな方に訪問していただいて、とってもうれしいです!これからもどうぞよろしく。
2011/08/09 14:23 | URL | edit posted by ゆりひなな
ゆりひななさんへ
こちらこそコメントありがとうございました。
平和ってあたりまえじゃないんですよね。
過去の過ちがあっていまがあることをきちんと伝えていくのが大人の責任だと思います。

またいらしてくださいね。
これからも宜しくお願いします。
2011/08/09 17:04 | URL | edit posted by はりこ
comment posting














 

trackback URL
http://ropero7.blog72.fc2.com/tb.php/234-72ee2313
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。