スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by はりこ
category:スポンサー広告
  

アジサイのドライ♪
yuka*ti さんからも質問がありましたが、私流のアジサイのドライの方法をご紹介します。

普通の花のドライならば、風通しの良い日かげで吊り下げ・・。ですね。
アジサイは花の盛りの梅雨時期に切り取ってドライにしょうと吊り下げても、水分が多すぎてすぐにガクが縮れてしまいますね。

綺麗な花を育てていると、ドライにしたい気持ちがうずうずとわいてきます

そんな時には、ウォータードライ方法がお勧め♪

あじさい9

葉っぱを取った状態で、茎が水の中に2~3センチも浸かっていれば十分。
もちろん水替えが必要です。

気長に待ち続けるとできます。
今の季節でも、この方法がベストですね。

なにせ、きれいな色がそのままの状態で発色してできるので、完成したときはすっごく素敵に仕上がります♪


お次。
普通のドライ。

これは、秋にしかお勧めしません。
上にも書いたとおり、花のま真っ盛りの時期に吊り下げても、思うようにできにくいのです。
でも、エアコンで湿度を下げておける環境ならば、たぶんできるんでしょうね。

今回は、吊り下げてます。
例年ならば、すでに秋の高気圧がやってきて、からっつとした乾いた秋の風が吹いて来始めますが、今年はおひさまが超元気!!
空気が湿ってるのでうまくできるか不安だけど、吊り下げに挑戦。

でも少しでも余裕のある時は、1週間くらいウォータードライした後、吊り下げるとベストのような気がします。
昨年はこの方法で作りました。

採る前のアジサイはこんな状態です。

あじさい1

ちょっと日蔭で、朝日が当たった後は、松の木の陰になって、ほぼ一日日が当たりません。

あじさい4

あじさい5

う~~ん素敵な色♪

採ってきたら、葉っぱをすべて取ります。

あじさい8

で、我が家はベランダに近い窓際に、吊り下げ♪
あじいさい11
(すみません、洗濯ばさみが統一されてないのでお見苦しいですね)
うまくできるかどうか分かりませんが、きれいにできたら、お針子イベントへ持って行きます!!


実はこの吊り下げ作業・・・。家族からは大不評。
邪魔!!
なんだそうです。
そりゃそうよね・・。ぶらぶらとこんなのがつり下がっていたら邪魔だよね・・。スミマセン。


参考になりましたでしょうか??

ぜひお試しを
スポンサーサイト
Posted by はりこ
category:つぶやき
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://ropero7.blog72.fc2.com/tb.php/129-f1f5d952
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。