スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by はりこ
category:スポンサー広告
  

お仕事って??
仕事をする。ということについて考えてみました。

介護施設に勤務の私。

昨日で高校生の実習が終わりました。
10日間の実習でしたが、一般棟、認知棟、ユニット棟、と一日ずつ体験。
そのあといろんな仕事を一緒にしていきます。入浴介助、食事介助、排泄介助など日常業務も体験。

30度以上の温度、湿度も半端ない浴場で気分が悪くなった子もいました。

前回の実習生は、機械浴(寝たまま入浴するのです)でフラストレーションがたまったらしく、精神的にもショックが大きく涙が止まらなくなってしまいましたが、今回の子たちはかなりクールな感じ。


一緒に業務を進めていくうちに、仕事をする。。ということについて話をしていきます。

介護の仕事は生易しいものではありません。でも感情ばかり優先してしまうと、平等に接することが不可能です。

利用者(入所者)に寄り添い、耳を傾け、より快適な生活をしていただく。
理屈では分かっていても、忙しさや自分の心に余裕がない時には、きちんとケアできない時もあるんです。

・・・そんな時はどうしますか?
・・・そういう場合はどう子供たちに説明しますか?


私たち、施設職員は一人で仕事はしていないんです。

勤務は早出、日勤、遅出、夜勤(他にも一時間ずつずれながら勤務が始まります)
介護士、看護師。その場に数名の職員がいる!!

自分ではケアできないときは、誰かに助けてもらわないといっぱいいっぱいになるんです。

チームで仕事をしているんです。
同時に起こる様々な業務をひとりでこなすことはできないから、チームで協力しながら毎日を過ごしています。


ということは、自分ができないことはその場にいる同僚に協力を求める!!
誰かが困っていたら助けることができる職員になる!
こう伝えます。

難しいですね。でもこう言う気持を持っていないと、膨大な仕事量をこなせません。


仕事って何かを求め続けているんだと思います。

好きな仕事に没頭できる人は幸せですね。
生活のために、嫌いでもその仕事をしていかないといけないこともあるでしょう。

まだ、学生の彼女たちも、来年の今頃には大切な命をケアする第一線で働いています。
中途半端な気持ちではいることができないんだ!ということを実習で得てくれていればうれしいです。

いろんな大人とかかわって、いろんな出来事に出合って、介護のプロになって行ってほしいものです。

工夫しながら、考えながら・・。

頑張ってね!!

中途半端に、布の仕事と介護の仕事をしていますが、私にはどちらも大切。
欲張りですね。



さぁ、今日は子供会の納涼まつり。

子供が屋台を出します。
・・がほとんどが大人が店番。

昨年、退屈したわが子をはじめ数名が暗闇で隣の畑のスイカに石を投げて・・・。
頼むからもうあんなことしないで~~~!!

悪ガキですね。


今日も朝から暑いなぁ・・・。
スポンサーサイト
Posted by はりこ
category:つぶやき
comment(0)    trackback(0)

comment
comment posting














 

trackback URL
http://ropero7.blog72.fc2.com/tb.php/120-f1491232
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。